NEWS

搬入プロジェクト 山口・中園町計画ドキュメント/YCAM(※会期終了)

「搬入プロジェクト 山口・中園町計画」にまつわる
資料やツール、模型などが展示されています。

開催日時:2021年7月25日(日)〜8月15日(日) 10:00〜19:00
会場:山口情報芸術センター[YCAM]/ホワイエ、2階ギャラリー
入場料:入場無料


搬入プロジェクト 山口・中園町計画:関連イベント
搬入プロジェクト 山口・中園町計画ドキュメント

(以下、Websiteより転載)

YCAMで搬入プロジェクトはいかに可能か?

「搬入プロジェクト 山口・中園町計画」のために実施してきた数々の実験の成果など紹介する資料展示です。「搬入プロジェクト 山口・中園町計画」の関連イベントとして開催します。

搬入プロジェクト 山口・中園町計画/YCAM

山口情報芸術センター[YCAM]において、
「搬入プロジェクト 山口・中園町計画」が実施されます。

開催日時:2021年7月24日(土) 20:00 開演
会場:YouTube Live
参加費:無料


YCAM performance lounge #7
搬入プロジェクト 山口・中園町計画

(以下、Websiteより転載)

巨大物体をYCAMに搬入せよ
あの演劇プロジェクトが山口に上陸!

現在生まれつつある新しい身体表現の魅力をダイレクトに伝えるシリーズ企画「YCAM performance lounge(パフォーマンス・ラウンジ)」の第7弾です。パフォーマンス集団・悪魔のしるしの代表的な演劇プロジェクトのひとつ《搬入プロジェクト》を実施します。

『CARRY-IN-PROJECT 2008-2013 DOCUMENT』復刻版の公開を開始いたしました

2015年に発行し、絶版となっておりました
『CARRY-IN-PROJECT 2008-2013 DOCUMENT』
をこの度、復刻することとなりました。

以下、販売窓口で内容と形式に違いがございますので
ご検討いただければ幸いです。

【BASE】
https://akuma.thebase.in/items/34925806
・底本の2冊組「WORDS(テキスト、図面/モノクロ)」、「IMAGES(写真集/カラー)」を完全収録
・A5判/WORDS:288P、IMAGES:64P
・PDF形式
・2冊セットで¥1,100(税込)

【BCCKS】
https://bccks.jp/bcck/166218/info
・底本の「WORDS(テキスト、図面/モノクロ)」を収録 ※「IMAGES(写真集/カラー)」は含まれておりません。
・A5変形判/288P
・電子本¥880(税込)、紙本¥2,662(税込)※紙本購入で電子本が無料

【紹介】※BASE版より抜粋
『搬入プロジェクト|CARRY-IN-PROJECT』2008年の第1回から2013年の第14回まで(2020年10月現在で計24回上演中)の詳細なデータ、ドローイング、メイキング、ハウツー、エッセイ、寄稿文をまとめたドキュメントブックとフォトブックの2冊組。
『搬入プロジェクト』とは、ある空間に「入らなそうでギリギリ入る物体」を設計・製作し、それを実際に入れてみるプロジェクト。演劇などを企画・上演する集団悪魔のしるしの主宰・危口統之(演出家/1975~2017)が考案。2008年、東京・五反田にて初めて上演され、 その後は瀬戸内国際芸術祭(2010)、六本木アートナイト(2014)など、 日本を代表するアートイベントにも招聘され、海外でもこれまでに7か国10都市で上演。 演劇の形式そのものを問う批評性を内包しながらも、 実施する場所や上演環境によって設計手法や演出が柔軟に変換されていくプロジェクトとして注目を集めた。なお、当プロジェクトは危口統之の意志を引き継ぎ、CC0ライセンスにより著作権を完全放棄し、現在も継続中である。

『蟹と歩く』の映像を期間限定でVimeo公開!(※配信終了)

『蟹と歩く|Walking with Cancers』

みなさまStay Homeな日々いかがお過ごしでしょうか。
このたび「悪魔のしるし」の公演『蟹と歩く』の映像を6月6日まで無料公開してみました。おうちでひとりでご家族でぜひご覧ください。

悪魔のしるし『蟹と歩く』
2017年3月25日・26日 倉敷市立美術館 3F 講堂(岡山県倉敷市中央2-6-1)
原案:危口統之
同行者:荒木悠、石川卓磨、伊藤愉、臼井梨恵、岡村滝尾、金森香、木口裕香、木口賀之、小早川保隆、佐藤恵、高山玲子、筒井潤、星野綜太、堀朝美、宮村ヤスヲ、中山奈美、八木光太郎、山崎皓司
撮影:イトウユウヤ、松尾健太 編集:山城大督

悪魔のしるし『蟹と歩く』